世界が注目する日本食と文化に関する食品・機器専門展

第5回国際和食産業展

世界が注目する日本食と文化に関する食品・機器専門展 第5回国際和食産業展 会期:2023年8月2日(水)~4日(金) 会場:東京ビッグサイト 東展示棟 世界が注目する日本食と文化に関する食品・機器専門展 第5回国際和食産業展 会期:2023年8月2日(水)~4日(金) 会場:東京ビッグサイト 東展示棟
  • 本展は2022年7月27日(水)~29日(金)の3日間 東京ビッグサイトにて盛大に開催しました本展は2022年7月27日(水)~29日(金)の3日間 東京ビッグサイトにて盛大に開催しました
CAFERES JAPAN 展示会説明会

 

お米や穀物の健康的な食べ方や調理方法を提案し、
お米・穀物市場の発展に貢献する日本唯一の専門展

国際和食産業展とは

1962年度に年間1人当たりの消費量がピークを記録して以来、米の消費量は減り続けて、2016年度には1962年度の半分以下の約54キロにまで減少、さらに毎年徐々に減少しています。消費減少の背景には、パンやパスタ、その他の主食の多様化による食文化の変化だけでなく、単身世帯や共働き世帯の増加により、手軽な調理が出来る主食が好まれる傾向や、糖質制限ダイエットブームからくるお米を含む主食の摂取制限などの原因が考えられています。
また、お米の消費減少と反比例し、世界中の穀物の消費量は上がり続けており、お米に変わる穀物を活用した食文化の市場は年々拡大しています。私たちにとって大事なエネルギー源であり毎日の食事で必ず摂取するお米と穀物類は、私たちの体を作り健康的な体を維持するために不可欠な食材であり、それゆえお米や穀物類の食品に関する栄養の知識や健康な食べ方のニーズは非常に高まってきています。
そのような時代の流れの中で『お米・穀物産業展』は、日本人が古来より大事にしてきた米文化や穀物食文化の再発見を行い、お米と穀物類を健康的で美味しく手軽に食べるための調理方法や技術を発信し、新しい食文化や食メニューをカフェやレストランをはじめとするフードサービス企業、流通・小売市場に向けて導入提案できるビジネスの場として東京ビッグサイトにて盛大に開催いたします。本展は、お米や穀物の生産者や商社、加工メーカーが展示会に出展し、直接バイヤーや消費者に向けて積極的に販路拡大を行える絶好の機会となります。日本の食文化の継承、そしてお米・穀物に関わる産業の発展のため、関係各社のご協力・ご参加を心よりお願い申し上げます。


同時開催展

CAFERES JAPAN2020

構成展示会

Tokyo Cafe Show
  • テイクアウト&デリカテッセンショー
  • ジャパンベーカリーショー

同時開催展

ウェルネスライフジャパン

構成展示会

  • ウェルネスフードEXPO
  • サステナブルフードEXPO
  • 生活習慣病予防展
  • 癒し・快眠産業展

What's New

2022.08.01
2023年の開催決定!出展社募集を開始しました。
2022.08.01
おかげさまで盛況裏に会期を終了することができました。来場者数はこちらをご覧ください。
2022.07.22
最新会場MAP掲載公式ガイドブックを公開しました。

2021年開催実績

Cafe & Wellness Week2021は6月9日(水)~11日(金)の3日間、東京ビッグサイトにて盛大に開催いたしました

様々なイベント・コンテストを開催いたしました(同時開催展を含む)

  • バリスタグランプリ
  • パングランプリ
  • ウェルネスフードアワード
  • カフェレスデザインアワード
  • ティーインストラクターオブザイヤー

本展の感染症対策ガイドライン

展示会場では、徹底した新型コロナウイルス感染症予防対策を実施いたします。

感染症対策

※体調の優れない方、37.5度以上の熱のある方などは、医師・看護師の判断により入場をお断りさせていただく場合がございます。感染症対策の一環として、セキュリティを高めた運営にご理解とご協力をお願いいたします。